写真

RAW現像とは?これを知ればあなたの写真が劇的に変わる!

こんにちは!(@sho_tabi_)です!

RAW現像という言葉を知っていますか?

このRAWデータとレタッチ(編集加工)

をうまく使いこなせば、

あなたの写真がもっと素敵になるはずです!

普段撮っている写真をRAWデータで撮影して

周りと差をつけてみませんか?

今回は、初心者の方向けに用語の解説もしていきます。

RAWデータとは?

RAWデータとは、

画像を生(raw)の状態で保存することを言います。

通常のカメラでの撮影は、ホワイトバランスやコントラストなどを、

カメラが調整してjpeg画像として保存します。

しかし、

RAWデータはそれらの処理が行われる前の状態の画像のことです。

RAWではホワイトバランスや、

フィルターの設定を撮影前に行わなくても、

撮影後に編集を行えるため、

撮影時は構図やシャッターチャンスに集中できるのが、

大きなメリットと言えます。

RAWデータは、

JPEGよりも編集や加工ができる幅が広いという特徴があります。

つまり、後から加工したいという方には、

RAWで撮影することをおすすめします!

RAW画像はカメラ内でそのまま編集できるものもあるようですが、

基本的にはPCに専用のソフトをダウンロードすることでしか編集できないので、

注意しましょう。

jpegとの違いは?

このRAWデータがカメラ内で画像処理されて、

圧縮された状態でjpeg形式として保存されています。

そのため、

RAWデータと比べるとJPEGは、

データの重さが軽くなっています。

Jpeg形式に変換される前の無加工の状態がRAWであるため、

画像の劣化も少なく、

自分の思い通りのレタッチ(編集加工)を加えることができます。

RAW現像のメリットを知ろう

RAW現像のメリットは、

撮影前に細かいフィルターやホワイトバランス等の設定を、

気にしなくていいということです。

撮影前にいちいちホワイトバランスやコントラストの調整を行うのは、

結構面倒ですよね。

RAWデータなら、撮影時は目の前の被写体の構図や、

シャッターチャンスを逃すことなく集中することができます。

さらに、最大のメリットは、

編集の幅を効かせられるデータであるということ。

ただ、先ほども解説した通り画像のデータが少し重たくなるので、

SDカードの容量はしっかり見ておくことをおすすめします。

では、

次からRAWを使ってできるレタッチ(編集加工)についての話をしていきます。

レタッチ(編集加工)で人と差がつく

レタッチをすることで鮮やかさやコントラスト、

シャープさ等を調整できます。

これらを調整することで写真の印象がかなり変わります。

自分の表現したいイメージに合わせてレタッチに挑戦してみましょう。

レタッチするために何を準備すればいいの?

レタッチをするためには専用のソフトウェアが必要です。

購入したカメラのメーカーによっては無償でソフトを提供しているところもあります。

メーカーにソフトが無くても無償で提供されているソフトもあります。

また最近では、

スマホのアプリでも非常に優秀な加工ができるものもあります。

レタッチをしてみよう

では具体的にレタッチにはどのようなものがあるのか、

またレタッチをすることによってどのような写真に仕上がるのかを解説していきます。

・ホワイトバランスの調整、写真に色を乗せる

写真の色調は、写真全体の印象を左右する重要な要素です。

ホワイトバランスの調整によって、

自分が実際に見た対象の色に近づけることができます。

これによって、レンズを通して取り込んだ写真であっても、

自分が見た被写体のイメージをそのまま写真にすることができるわけです。

他にも色合いの調整によって、

写真の雰囲気を変えることができます。

・明るさを調整する

普段撮影する際に露出調整をすることがあると思いますが、

これもRAWデータなら撮影後に調整することが可能です。

明るくすればよりさわやかで明るい印象に、

暗くすれば重みのある印象の写真に仕上がります。

・コントラストの調整

コントラストの調整によって変わるのは、その写真の印象の柔らかさです。

明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗く編集します。

明暗をはっきりさせるほどビビットな印象に、

弱くするほど柔らかい印象の写真になります。

・鮮やかさの調整

被写体の鮮やかさも調整できます。鮮やかさを落とすと、シックな写真に仕上がりますよ。

仕上げたい写真がどのようなものかによって鮮やかさも調整してみましょう。

・ノイズの除去

ISO感度を高くして撮影すると、ノイズが入ってしまうことがありますが、

RAWでこれらのノイズの除去をすることもできます。

暗い場所で撮影した写真も、

このノイズを除去することでクリアな写真に近づけることができます。

・シャープさの調整

輪郭を強調するような編集をすることもできます。

強調させたい部分があるときに使うと効果的です。

注意点としては、シャープネスをかけすぎると、

写真にノイズが入ってしまうので気を付けてください。

以上、いくつかのRAWデータのレタッチにおいて調整できることを解説してみました。

たくさんの機能があって初めは戸惑うかもしれません。

しかし、

これらを使いこなせれば、

写真の表現の幅がぐっと広がりますよ!

まとめ

今回は、RAWを使って人と差がつく写真を撮る方法について紹介しました。

レタッチによって写真の印象がずいぶん変わることがイメージできたでしょうか?

レタッチをマスターすれば、表現の幅が広がって、

もっと写真撮影が楽しくなること間違いなしです。

是非、RAWを使っての写真の撮影にも挑戦してみてくださいね!!げん