Apple

【初心者に朗報】Macのカメラで画面撮影、収録する簡単な方法!

Macユーザーのみなさん、動画撮影・投稿に興味はありますか?

ここ数年のYouTubeブームに乗っかって、挑戦してみたい!

という方も多いことでしょう。

「でも難しそうだし、金がかかりそう!」

と思い込んでしまう方がいらっしゃいますが、

実は,

Mac単体で動画撮影から投稿まで済ますことができるんです。

今回はそんな便利でシンプルな方法をご紹介いたします。

Macのカメラの画質はどれくらい良いのか?

Macのカメラの画質は、公式では述べられていません。

ただ、

多くの人が画質はあまり良くないと指摘しています。

数世代前のiPhoneやiPadのインカメと同等クラスという意見が多く、

ハイクオリティな動画の撮影には向いていません。

しかし、

色々な機材を揃えることなく手軽に動画撮影・編集を始めたい!

という方にはピッタリと言えるでしょう。

Macが1台あれば、

撮影からアップロードまで、全て完結できてしまいます。

Macで撮影、収録する方法とは?

Macコンピュータおよびディスプレイの多くは、

内蔵iSightカメラ、

FaceTimeカメラ、

FaceTime HDカメラ

を画面上端に備えています。

カメラは写真を撮影したり、ビデオの録画したり、ビデオ通話したりできる

アプリケーションを開くときに自動的にオンになるため、

複雑な操作は必要ありません。

カメラをONにする

MacでFaceTime、メッセージ、Photo Boothなどのカメラを使用するアプリケーションを開きます。

カメラの横にある緑色のランプが点灯しているときはカメラがONであることを示します。

カメラをオフにする: Macで、カメラを使用するすべてのアプリケーションを閉じるか、

終了します。

カメラの横にある緑色のランプが消えているときは、カメラがOFFであることを示します。

収録方法は2通りあります。

iMovieを使用する方法と、quick timeを使用する方法です。

以下で詳しくご説明致します。

iMovieを活用する

Macの内蔵FaceTime HDカメラを使えば、ビデオをiMovieで直接録画することができます。

以下に録画方法を記述します。

①「読み込む」ウインドウを開くためには、

ツールバーの「読み込む」ボタンをクリックしてください。

「読み込む」ボタンが表示されていない場合は、

ツールバーの「メディア」ボタンをクリックしてから、「読み込む」ボタンをクリックしましょう。

 ツールバーの「メディア」ボタン

もしイメージキャプチャ、

「写真」またはその他のアプリケーションが開いてしまった場合は、

そのウインドウを閉じてください。

②「読み込む」ウインドウのサイドバーの「カメラ」セクションで、

内蔵のカメラを選択します。

その後、

カメラからのライブ・ビデオ・イメージが「読み込む」ウインドウに表示されているかどうかを確認してください。

③録画先のイベントを指定するには、以下のいずれかの操作を行います。

イベントとは

既存イベントを選択する:

「読み込む」ウインドウの上部にある「読み込み先」ポップアップメニューをクリックして、イベントを選択します。

「読み込み先」ポップアップメニュー

新しいイベントを作成する: 「読み込み先」ポップアップメニューをクリックし、

「新規イベント」を選択し、新しいイベントの名前を入力して、

「OK」をクリックします。

 

開いているプロジェクトを選択する:

「読み込み先」ポップアップメニューをクリックし、「プロジェクトメディア」を選択します。

④選択したカメラからの録画を開始するには、ライブ・ビデオ・イメージの下にある

「録画」ボタンをクリックしてください。


録画するたびに新しいクリップが作成されます。

この処理は必要な回数だけ繰り返すことができます。

⑤録画を停止するには、再度「録画」ボタンをクリックします。

⑥録画セッションを終了してiMovieのメインウインドウに戻るには、

「閉じる」ボタンをクリックします。

以上がiMovieを使用した録画工程になります。

【2019版】Mac画面でキャプチャ動画を撮る簡単な方法を紹介解説!Macの画面をキャプチャ動画として保存したい!という方は必見。簡単に画面のキャプチャ動画を撮影する方法を紹介します。Macならではの方法や使いやすいソフト、音声収録の方法も!Mac愛用の方は参考にしてください。...

quick time

こちらでは、quick timeを使用した際の録画工程をご説明致します。

①MacのQuickTime Playerアプリケーションで、「ファイル」>「新規ムービー収録」と選択してください。

収録コントロールが表示されると、Macの内蔵カメラの横に緑色のライトが点灯します。

※Macに内蔵カメラがない場合は、外部カメラを接続できます。

②「オプション」ポップアップメニューをクリックして、

以下のいずれかの収録オプションを選択します。

・カメラ: 複数のカメラが使用可能な場合は1つ選択します。

・マイク: 複数のマイクが使用可能な場合は1つ選択します。

・品質: 収録の品質を選択します。

最高品質の収録では非圧縮ファイルが生成されるため、

大量の記憶領域を使用する可能性があります。

③音量コントロールを調整して、収録中の音を聞きます。

④収録ボタンをクリックして収録を開始します。終了するときは停止ボタンをクリック、

またはTouch Barを使用します。

収録を一時停止する際は、Optionキーを押したまま収録ボタンをクリックします。

収録を再開するときは再度クリックします。

⑤「ファイル」>「保存」と選択して、収録に名前を付けて保存します。

 YouTubeに簡単にUPする方法

多くの方は、Macで録画した動画をiMovieで編集しますよね。

iMovieには、簡単にYouTubeへ動画を投稿できる機能が備わっています。

とてもシンプルなので、

一度説明を見れば今後もすぐにアップロードできるようになります。

①投稿したい動画を選択してください。

②「共有」メニューより「YouTube」を選択します。

③投稿する動画の設定画面が出るのでそれに記入し、

自分のアカウントとパスワードを入力すれば投稿完了です。

YouTuber必見!Macで使える無料動画編集ソフト10選!動画製作に挑戦したいけれど二の足を踏んでいるMacユーザー必見! 動画編集は無料でも出来るのです。動画編集初心者でも分かる編集ソフトの選び方から無料なのに有料並みの動画編集ができるMac対応ソフトまでお教えします。...

とめ

いかがでしたか?

Macがあれば、それ1台で撮影からアップロードまで完結してしまうので、

非常に便利ですよね。

撮影・投稿の操作もシンプルで、これといって複雑な作業がいらないのが嬉しいポイントです。

手軽に動画投稿をしてみたい方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。