カメラ

iphoneでプロ並みの写真の撮り方のコツを徹底解説!

こんにちは(sho_tabi_)です!

いつも持ち歩いているiphoneですが、

少し撮り方を工夫すれば、

プロ並みの写真を撮影することができることをご存じでしたか?

そこで今回は、

iphoneでプロ並みの写真を撮るための撮り方のコツを紹介していきます。

iphoneの写真の撮り方を学ぶ前に。

まず、お手持ちのiphoneのカメラ機能をもう一度確認してみましょう。

もしかすると使っていないあなたの知らない機能があるかもしれません。

・露出補正機能

撮影する画面をタップすると太陽のマークが出てきます。

そのまま上にスライドすると明るく補正され、

下にスライドすると暗く補正されます。

画面を明るくしたり暗くする補正機能になります。

・HDR

カメラを起動するとHDRという文字が目に入ることがあると思いますが、

この機能を知っていますか。

これは、写真撮影の際一度にシャッターを3枚切って、

その3枚のうちで明るさが最も良い一枚を選んでくれる機能です。

・スクエアモード

画面の大きさもiphoneの付属の編集機能で変更することができます。

インスタグラム用の写真等はこのスクエアモードで撮るのがオススメです。

・パノラマ撮影

ボタンを押して、水平方向にiphoneを動かすと、

パノラマ写真を撮ることができます。

この機能を縦向きに使えば、

通常のシャッター画面に収まらない大きな木の写真なども、

一枚に収めることができます。

とても迫力のある写真を撮ることができますよ。

・グリッド表示

グリッド表示を設定されていない方は是非設定しましょう。

このグリッドが後に構図を決める際に大変役立ちます。

・バーストモード

通常のカメラモードでシャッターボタンを長押しすれば、

バーストモードとなり連写をすることが可能です。

これは動きのある被写体を撮影する際に役立ちます。

・ポートレートモード

ポートレートモードは人物などの被写体にピントを合わせ、

背景をぼかしてくれます。

人物だけでなく、動物やモノなど強調したいものにピントをあわせると、

とても印象的な写真に仕上がります。

他にもiPhone11Proではナイトモードが搭載され、

夜などの暗い場所でも表情が鮮明に映る機能が増えました。

とても手軽に綺麗な写真が撮れると、

写真を撮るのが楽しくなりますね。

撮り方のコツは簡単な構図を覚えよう!

iphoneのカメラ機能を一通り知ったうえで、

次は構図を決めていきましょう。

基本的な構図をいくつか紹介するので、

被写体に合わせて参考にしてみてくださいね。

・3分割構図

基本的な構図です。安定感のある、

バランスの取れた写真が出来上がります。

被写体を選ばずどんなシーンにも適応しやすい構図ですので、

まずはこちらから挑戦してみましょう。

3分割構図で写真撮影をする際には、

グリッド表示をONにして撮影をしてみてください。

・対角構図

対角線上に被写体を配置します。

走る電車の様子などを撮影する際には、

よくこの構図を使ったりします。

動きのあるダイナミックな写真になりますよ!

・日の丸構図

インパクトのある写真を撮るときはこの構図です。

写真の中心に被写体を持ってきて撮ります。

ポートレートモードを使ってみると、

より被写体が強調されてインパクトのある写真になりますよ。

・シンメトリー構図

左右対称の被写体に対して使う構図です。

スカイツリーや左右対称の建造物などにもいいかもしれません。

・2分割構図

夕日が沈む様子や高い展望台から見下ろした町並みなど、

風景によく使われる構図です。

その名の通り画面を二分割した線に被写体を合わせて撮影します。

他にも写真における構図はたくさんありますが、

まずはこのあたりから始めてみましょう。

撮り慣れてきたら様々な構図にチャレンジしてみるのも,

いいかもしれませんね!

iphoneアプリを駆使しよう

iphoneのカメラを使って写真が撮れたら、

次はアプリを使って加工してみましょう。

そのままでもいいですが、

アプリで加工すればプロのような写真にぐっと近づきます。

・snap seed

明るさ、彩度、ハイライト、色温度などを補正することができます。

他にも被写体の歪みを調整できたり、

画像上の要らない部分を消去することもできます。

トリミングや文字入れもできるので、

ひとつあれば様々な加工ができる便利なアプリです。

・Procamera

こちらは加工アプリではなくカメラアプリになりますが、

一眼レフのようにシャッタースピードの変更やISO感度の変更ができます。

これによって、夜景が綺麗に撮れたり、

動く被写体のブレを減らすなどより,

一眼レフに近い写真を撮影することができます。

ワンランク上の写真の撮り方のコツ

ここで、ワンランク上の写真を撮るポイントを紹介します。

・料理を撮影する場合

料理を撮影する場合、自然光が入る場所で撮影してみましょう。

影が強調されて印象的な写真を撮影することができます。

・物や人を撮影する場合

物や人を撮影する場合は,

日の丸構図シンメトリー構図で,

ポートレートモードにして撮影をしてみましょう。

存在感のある写真になりますよ!

簡単な撮影機材を揃えてみよう

・三脚

ゴリラポッドなどの三脚なら、

どこにでも巻き付けて固定させることができます。

写真を撮ってくれる人がいないときも小さな三脚があれば解決です。

動く被写体を連写する際には本体を固定させることもできて便利です。

・カメラレンズ

iphoneに外付けのカメラレンズを付ければ、

一眼レフにも負けないクオリティの写真を撮影することができます。

種類も魚眼レンズ、広角レンズ、望遠レンズなど様々なものがあるので、

お好みのレンズを探してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまでiphoneでプロ並みの写真を撮影するためのコツ

について紹介しました。

お手持ちのiphoneをもっと活用して、

プロ並みの写真に挑戦してみませんか?