GoPro

【2020最新】GoProのwebカメラの活用方法を初心者目線で徹底解説!

みなさん、GoProがWebカメラとしても使用できるということはご存知ですか?

写真や動画の撮影だけでなく、その人の”イマ”をみんなにお届けする

ライブストリーミングなども、GoProのWebカメラ機能を使えば簡単にできちゃいます。

今回は、そんな便利な情報をまとめてみました。

GoProwebカメラ機能の紹介

アクションカメラとして有名なGoProですが、Webカメラのように使用することも可能です。

主な機能としてライブストリーミングというものがあり、

これは映像や音声をリアルタイムで配信するものです。

簡単に言えば、テレビの生放送に似ています。

主なライブストリーミングのメディアでは、YouTubeやFacebook、インスタグラムが有名ですよね。

そしてもうひとつ、

LiveBurst(ライブバースト)モードも使用可能です。

こちらでは、

撮影の前後 1.5 秒を90枚の静止画として記録することが出来ます。

完璧なショットを抜き出すか、3 秒間の4Kビデオクリップとしてシェアするかを自由に選択できます。

GoPro WEBカメラの使い方活用方法

GoProをwebカメラとして使うのは、

人気YouTuberなどの有名人だけじゃないの?

私にはあまり関係ないのでは?と思っている人も多いことでしょう。

しかし、今の時代はそうではないんです。

もちろんYouTuberなどの元々配信が好きな人気者もターゲットとしていますが、

現在は、一般層にカメラ・ビデオ撮影やライブストリーミングの楽しさに気づいてもらえるようGoProも変化してきています。

みなさんも是非日本でもポピュラーなYouTubeやFacebookでのストリーミングをしてみてくださいね!

何も大きなトピックがなくとも、フォロワー間・友人間で“イマ”をシェアする事で楽しみの幅が広がりますよ!

普通のSNS投稿とは違い、

あなたが見ているその瞬間の景色・あなたが喋っているその時の言葉を

リアルタイムでみんなに伝えることができるので、

「みんなと繋がっている」楽しみも感じることができます。

例えば、

好きな音楽イベントやアーティストのライブ。

世界一の絶景を目にした時や想像以上に美味しいラーメンに遭遇した時、

何か考え事をみんなに相談したい時などもストリーミングを使ってみると面白いものです。

ライブストリーミング機能の活用方法

GoPro8は、HDライブストリーミングでみんなに見せたいその瞬間をシェアすることができます。

Facebook LIVEYouTubeなどへの配信が可能です。

また、ライブストリーミングはその時撮っているものをそのまま視聴者側へ流すことができます。

前機種であるGoPro7では720pでの撮影が限界でしたが、

新機種のGoPro8は1080pでの共有が可能になりました。

それにより、

高画質でライブストリーミングをしたい!という方には非常にオススメです。

その場の美しい風景を見えるままの高画質でシェアしたり、ライブストリーミングをSDカードに綺麗に保存したい場合にも便利ですよね。

ライブストリーミングのやり方

ここからは、GoPro8でのライブストリーミングのやり方をご紹介いたします。

必要なもの

1、GoPro HERO8 black

2、GoProアプリをダウンロードしたスマートフォン

3、インターネット環境

4、投稿したいメディアのアカウント(FacebookやYouTubeなど)


 

まず初めに、GoProアプリをダウンロードしてセットアップを行いましょう。

ストリーミング配信をするためには、GoProアプリは必要不可欠です。

 

 

アプリを入れたら、次はGoProとアプリのペアリングを済ませましょう。

  1. GoPro アプリを開くと、アプリでカメラの検索が開始されます。

  2. カメラを用意し、電源をオンにします。

  3. タッチ ディスプレイを上から下にスワイプして「ユーティリティ」のドロワーを開き、「ユーザー設定」を選択します。

  4. 「接続」を選択して、「デバイスの接続」をタップします。

  5. 「GoPro アプリ」をタップして、カメラをペアリング モードにします。

  6. この時点で、右上にある「i」アイコンをタップして、Wi-Fi の名前とパスワードを確認することができます。

  7. GoPro アプリに戻ったら、「GoPro が見つかりました」というメッセージとともに、青い「接続」ボタンが表示されるので「接続」をタップします。

  8. カメラの名前を変更するセクションが表示されます。下のボタンをタップして表示中の名前を保持することもできます。

  9. 名前が設定されると、GoPro アプリにカメラのライブプレビューが表示されるので、これで準備完了です。

次に、ストリーミング機能を使用するための設定です。

今回は、

Facebookアカウントを用いた方法をご紹介いたします。

  1. GoPro アプリを開き、プレビューモードから「ライブ」を選択します。

  2. 「ライブを設定」をタップします。

  3. Facebook アカウントを接続し、権限を承認してください。

  4. Wi-Fi ネットワークまたはパーソナル ホットスポットに接続します。

  5. 共有設定を選択します (「公開」、「友だち」、「自分だけ」のみ)。

  6. ストリームにタイトルを付け、短い説明を入力します。

  7. 希望の解像度を選択します。

  8. 保存設定を選択します。(SDカードへストリームの保存が可能です。)

  9. 「開始」またはシャッターボタンを押せば、ライブストリーミングが開始されます。

※Facebookアプリに切り替え、ストリームが正常に公開されているかチェックしてください。

【2020最新】GoPro(ゴープロ)完全攻略まとめ!保存版今回はGoProを徹底攻略していきます!スペックの説明やおすすめの撮影方法をまとめましたので、これからGoProを使い始める方におすすめの記事です。新旧GoPro比較や他機種との比較しましたので、買い替えに悩んでいる方にもおすすめです。...

GoPro WEBカメラまとめ

いかがでしたか?

使い方が難しそうに感じるGoProも、説明を見ながら操作してみれば意外とシンプルなものです。

色々な面でライブストリーミングは活用できるので、

GoPro8を使ってあなただけの“イマ”をシェアしてみてくださいね!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!