Apple

【注目】iPad Proは動画編集で使えるの?初心者向けに徹底検証!

パソコンのようにいろんなことに使えるスペックの高さで人気のiPad Pro

動画編集もiPad Proなら本格的にできます!

今回は、iPad Proのスペック徹底検証と動画編集について解説しながら、おすすめ動画編集アプリもご紹介いたします!

iPad Proとは?

手軽に持ち運びできるiPad Proは、パソコンのように使用できるスペックの高さを持っているタブレットです。

直感的に指先で操作できる手軽さと、高速な処理速度を兼ね揃えていることで、自宅でも外出先でも作業ができます。

専用デバイスの「Apple Pencil」で高性能な液晶タブレットのように使えるので、写真の編集やイラストを描くことが趣味の方に人気があります。

スペック

ここからはiPad Proのスペックについて解説していきます。

iPad Proにはディスプレイの大きさが2種類あるので、ご自分の使用用途によってどちらを選ぶか参考にしてみてください。

iPad ProWi-Fiモデル)

ディスプレイサイズ

12.9インチ

11インチ

大きさ

280.6 mm×214.9 mm

247.6 mm×178.5 mm

解像度

2,732 x 2,048

2,388 x 1,668

厚さ

5,9mm

5,9mm

重さ(Wi-Fiモデル)

633 g

468 g

価格(税別)

111,800円~194,800

89,800円~172,800

おすすめポイント

・持ち運ばず自宅や職場で使うことが多い

・持ち運んで外出先でも使いたい

・大画面でイラストを描いたり、動画を観たい

・手軽にイラストや動画編集を楽しみたい

動画編集を主な使用用途で考えている場合は、最低256GB以上の容量をおすすめします。

動画は写真よりもデータ容量が多いため、最低の64GBだと、4Kなどの高画質動画は容量不足で編集できない場合があります。

【完全保存版】動画編集に必要なPCのスペックを徹底解説!動画編集をしてみたいけど、必要なスペックがわからない! 今回は、そんな動画編集の初心者さんでも理解がしやすいよう、動画編集に必要なPCスペックについて解説します!...

iPad Proでの動画編集できるのか

iPad Proにも動画編集アプリが多くリリースされ、パソコンに近い形で編集が可能になりました。

iPad Proはスペックが高いため処理速度も早く、パソコンを広げることが難しい場所でもちょっとした編集がしやすいメリットがあります。

もちろん、パソコンのように使用出来ると言ってもデメリットもあるので注意が必要です。

注意点

 手軽に動画編集できるiPad Proですが、注意しなくてはならない点がいくつかあります。

それは編集したいデータの転送方法です。

1つ目は、

iPhoneで撮影した動画であれば「AirDrop」で転送が可能ですが、デジカメ等で撮影した動画を読み込む場合は、専用のカードリーダーが必要となります。

2つ目は、

パソコンであれば転送中に動画編集の準備などできますが、iPad Proはデータを転送中に他の作業をすることができません。

iPad Proおすすめアプリ

無料アプリ

 動画編集にあまり慣れていない方におすすめなのが無料アプリです。トリミングやテロップ挿入など、基本的な動画編集は無料アプリで十分編集ができます。

iMovie

最初からiPad Proに入っている純正動画編集アプリの「iMovie」。

無料アプリでもテロップを入れたり、動画のカット、トリミングなど十分に編集機能を備えています。

アプリ内にBGMが豊富に用意されているので、自分でフリー素材を探す手間がいりません。

テロップを好きな位置に挿入することができないところは残念ですが、処理速度はとても早く操作が簡単なので動画編集初心者の方におすすめです。

VivaVideo

SNS向けの動画編集ができる「VivaVideo」は、コミカルな動画編集におすすめのアプリです。

動くスタンプやコラージュ機能があり、たくさんのSEBGMも使用できます。

無料版では5分以内の動画編集しかできず、また書き出し時にウォーターマークが表示されてしまいますが、有料版に移行することで解消されます。

有料アプリ

有料アプリになると更に機能が増え、本格的な動画編集が可能です。

無料アプリで動画編集に慣れた方や編集にこだわりたい方は、有料アプリの購入をおすすめします!

Luma Fusion

プロ仕様の動画編集アプリとして名高い「Luma Fusion」。

映像3トラック、音声最大3トラックのマルチトラック編集が可能な高性能動画編集アプリです。

動画の書き出し速度も早く、編集操作も簡単なタッチ操作で出来るので初心者の方にもおすすめのアプリです。

こちらは現在3,680円の買い切りで購入できます。

Adobe Premiere Rush

デザイン関係のお仕事をされている方には、お馴染みのAdobeがリリースしている動画編集アプリです。

こちらのアプリは、3回までの書き出しであれば無料でお試しで使用することが可能です。

使い続けたい場合は、月額980円(税別)で使用することが可能です。

有料版に加入した場合、書き出し無制限でクラウドストレージが100GB使用できるのでたくさん動画編集をされる方におすすめです。

【2019最新】動画編集にMacBookは使える?おすすめ機種紹介!MacBookシリーズ、実は動画編集初心者にとって始めやすいPCの条件が揃っています。その理由と動画編集を安心して行えるMacBookのスペックについて解説。動画編集に興味のある方、MacBook購入を検討されている方必見です。...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はiPad Proが動画編集に使えるのか徹底検証しました。

iPad Proは無料アプリでも動画編集が可能ですが、本格的に動画編集をするのであれば、有料版を検討してみましょう!

iPad Proならパソコンよりも安く、快適な動画編集環境を整えやすいので、ぜひiPad Proで動画編集してみてくださいね!