ペルー

必読!ペルーに行く前に知っておきたい治安や危険スポットを徹底解説!

マチュピチュ、ナスカの地上絵、リマ、クスコ、アレキパ、チチカカ湖

などの有名スポットの他にも、たくさんの素晴らしい絶景を持つ南米ペルー。

また、国産にこだわるペルー料理は、多くの美食家たちも注目するほどの美味しさで、

観光地として申し分なく、ぜひ一度は訪れたい国の一つです。

ですが、いざペルーに旅行するとなると治安、安全面が気になりますよね??

なので、今回は!

ペルーに行く前に知っておきたい治安情報や危険スポットを、

対策法も添えてお話ししていきたいと思います!

初めてペルーに行く方は必読必見です!!

ペルーの治安情報は?

まずは、ペルーの治安情報からご紹介いたします。

◎ペルーの治安情報と危険スポット

ペルーの治安情報ですが、ズバリ言うと日中は割と良いです。

全体的に外国人を狙った犯罪は少ないですが、

やはり、

早朝や夜などの人通りに少ない時間帯は強盗事件等に巻き込まれる可能性があります。

主な、犯罪のトラブルケースは、

置き引き・スリ・ひったくり

これはペルーに限らず、海外ならどの国でも起きる事件です。

注意していれば、未然に防げるものも多いですが、相手は泥棒のプロ。

誰かに話しかけらて気を取られたり、荷物に目を離したほんの一瞬を狙ってくるので、

油断は禁物です。

タクシー、バス等の車内

タクシーやバスに乗ったからといって安心しきってはいけません。

治安の悪い場所では停車時に、窓を開けさせたり、割ったりして無理やり荷物を盗る事例があります。

乗車中は、簡単に窓は開けない。

そして必ず荷物は足元に置き、スマホやタブレットはしまうか、

外から見えないようにしましょう。

また、流しタクシーの中には短時間強盗に加担する偽タクシーもあるので、

安全のためにも、タクシー配車アプリを利用することをオススメします。

街中の両替所

日本円は、中南米で取り扱っている場所が限られている上にルートがあまりよくありません。

街中の両替所はルートがいいとされていますが、偽札を渡されたり、

わざと間違えて少なく両替させられたというケースがあります。

両替する際は、銀行またはショッピングモールですると安心でしょう。

また、両替時はあらかじめ日本円をドルかユーロにしておくとスムーズです。

スコポラミン

スコラポミンとは、

南米に多く自生するチョウセンアサガオの種から採れる天然のアルカロイド系化学物質で、

普段は薬用として使われますが、

その匂いを嗅いだり、体内に摂取したりすると、意識が朦朧とし、

何か質問や命令をされると何でもその通りに行動してしまう恐ろしい薬物です。

さらには、無味・無臭・無色で簡単に気づきにくいのもまた怖いところです。

ペルーに限らず、南米諸国でこれを使った睡眠薬強盗が発生しています。

ピラニータス

ピラニータスとは、小さいピラニアが獲物を集団で襲い骨だけにする様子から、

集団でターゲットを取り囲み、身ぐるみを剥がす勢いで、

その貴重品や装飾品等の持ち物をかっさらう若者集団のことを指します。

実際に、知人がピラニータスに遭遇し、

身につけていたピアスとネックレスを無理やり引っ張られて盗られたので、

耳や首を怪我してしまった件がありました。

ですので、

外出時は安全のためにも、アクセサリーを身につけるのは控えたほうがいいでしょう。

以上が事例になりますが、

特に注意すべき危険スポットは、

首都リマの旧市街セントロを流れるリマック川対岸のバリアーダスというスラム街や、観光客が最初に降りたつホルヘ・チャベス国際空港です。

この地域は、貧困層が多く住んでいるため金銭目当ての犯罪が発生しています。

ですので、スラム街は行かないように、

空港は着いたら速やかにカウンターにて正規のタクシーを手配して目的地に向かいましょう。

【初心者必見】ペルーってどんな所?ペルーの魅力を徹底解説!!今回は、ペルーの基本情報とともに、マチュピチュだけじゃない、様々なペルーの魅力を“3つ”にまとめたのでご紹介していきます!この記事を読み終わる頃には、きっとあなたもペルーに行きたくなること間違いなし!!...

ペルーでの安全対策10選

それでは以下、対策法をご紹介します。

◎安全対策

・人前で貴重品を取り出さない

・車内でも貴重品を取り出さない、荷物は足元に置く

・早朝や深夜、人通りの少ない道は一人で歩かない

・スラム街等の危険スポットに出歩くのは避ける

・見知らぬ人の貰い物(食べ物・飲み物)に注意する、または極力貰わない

・ブランド物や派手な格好はしない

・出かける際の荷物はできるだけコンパクトに少なめに

・ピアスやネックレス等のアクセサリーは身につけない

・人の多いところでは特に持ち物に注意する

・タクシーはUberBeatCabify等のタクシー配車アプリを利用する

また、万が一の被害を最小限に抑えるためにも、

貴重品や現金は必ず分けて持ち歩くようにしましょう!

以上が、ペルーの治安情報と危険スポットになります。

 

ペルーの治安まとめ

ペルーは、他の南米諸国同様に治安の悪い場所はありますが、

観光地にはツーリストポリスが配備されており、最低限の治安は守られています。

ペルーや南米諸国に限らないことですが、

何も知らない異国の地で安全に楽しく旅行するには、

先ほどご紹介した対策法をしっかりと意識しましょう。

また、万が一に備えて海外旅行保険は必ず入っておくこと!

入ると入らないとでは安心感が全然違います。

治安の良い国ではないですが、自然や食べ物・多くの絶景に恵まれた国、ペルー。

旅行を満喫するためにも最低限の注意を忘れずに、思う存分楽しんで下さい。

それでは皆さんの旅がいいものとなることを心から願っています。Adiós!!