イタリア

ここだけは絶対行きたい!イタリアのおすすめスポット10選

海外旅行の行き先としてもっとも人気にのある国の一つ、イタリア!

世界文化遺産が世界一、真っ青な海に囲まれている、食べ物がおいしいなど魅力がたっぷりです。

イタリアの一番の特徴は、各都市で特色が異なりそれぞれの良さを楽しめること。

違う国に来たような感覚を味わうことができます。

限られた旅行期間でどこに行こうか迷いますよね。

今回はそんな皆様のために、イタリアのおすすめの10都市をまとめました!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

イタリアのおすすめスポット10選

ミラノ

ミラノのドゥオーモ

北イタリアロンバルディア州に位置する、ローマに続く大都市。

ミラノと聞いてイメージするのはファッションではないでしょうか。

古くから服飾・繊維産業などファッション関連の産業が盛んです。

ブランド店が点在し、ミラノ・ファッションウィークやミラノ・デザインウィークなどのイベントに合わせて旅行される方もいらっしゃいます。

ミラノのランドマーク、ドゥオーモは世界最大級のゴシック建築。

すぐ横に位置するガッレリアの美しいつくりにも魅了されてしまいます。

他にも歴史あるスフォルツェスコ城、レオナルド・ダ・ヴィンチの名作「最後の晩餐」など見どころを上げると尽きません。

成田空港からの直行便で約12時間、マルペンサ空港からミラノ市街まではバスか電車1本で来られるためアクセスも良いです。

市内は電車・トラム・メトロと交通網も発達しています。

ヴェネツィア

日本人に最も人気の都市ヴェネツィア、「水の都」の愛称で有名です。

北イタリアのヴェネト州に位置しています。

アドリア海のヴェネツィア湾に出来た街、150をこえる運河、その上をゴンドラ(ボート)に乗ってゆったりと観光しませんか?

夢に描いたような世界ですね。

世界遺産にも登録されているサン・マルコ寺院は、ベネチアで最も有名な寺院、目の前のサン・マルコ広場は世界一美しいと言われています。

本島からは水上バスでヴェネツィアンガラスで有名なムラーノ島やブラーノ島にアクセスできます。

カラフルな街並みはとてもフォトジェニックですよ。

ヴェネツィアへはミラノから鉄道で2時間半~3時間ほどで着きます。

フィレンツェ

花の都フィレンツェ。

赤い建物が立ち並び街自体がアート、「屋根のない美術館」とも呼ばれています。

展望スポットから見る景色はまるでアニメーション映画で見たような世界。

公共の交通機関を利用せず、歩いて観光できるのも嬉しいです。

見どころが多いので2-3日かけてじっくり周りたいですね。

イタリアで最大の入場者数を誇るウフィツィ美術館はルネサンス絵画で有名な美術館、入場行列が出来きるほど。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラ(ドーム状の建物)に描かれている絵画は必見です。

フィレンツェへの直行便はありませんが、ミラノ又はローマから電車で2時間かからず行くことが出来ます。

ローマ

イタリアの最大都市。

首都のローマ、ラツィオ州に位置します。

全世界のカトリック教徒にとっての中心地であるバチカン市国があり、大勢の観光客が訪れます。
古代ローマ遺跡が至るところに点在、コロッセオフォロローマは有名ですね。

有名な映画の撮影場所となったスペイン広場トレヴィの泉も訪れましょう。

こちらも全ての見どころを周るには2-3日かかると思います。

急ぎ足で帰って見逃してしまうのはもったいない!

ローマへは日本からの直行便もあります。

市内はメトロやバスで観光できます。

チンクエ・テッレ

もしかしたら聞いたことのない方もいらっしゃるかもしれません。

北イタリアのリグーリア海岸にあり、イタリア語で5つ(チンクエ)の村(テッレ)という意味があります。

海岸に位置し、斜面にそってカラフルなお家が立ち並びます。

それはまるで絵本の世界!

写真を撮る手を止められません。

真っ青な海で海水浴をしている人たちをみると、私も!とつられて飛び込んでしまいます。

漁師町のため美味しい海産物も沢山楽しむことが出来ます!

フィレンツェかジェノバから電車で2時間程度。

日帰りも出来ますが、泊まると綺麗な夜景も見れますよ。

ピサ

ピサの斜塔は皆様1度は写真で見たことがあると思います。

なぜこんなに傾いてしまったのか、、!?

地盤の質が柔らかく、徐々に傾いていったそう。

現在倒壊の危険はないので安心して観光できますよ。

画像検索すると観光された皆さん、蹴ったり支えたり食べてみたりと面白写真が沢山!

ぜひ思い出に残る自分だけの1枚を撮影してみてください。

フィレンツェから電車で1時間くらいの距離です。

  

シエナ

トスカーナ州にあるシエナ歴史地区、世界文化遺産として登録されています。

街に足を踏み入れた瞬間から中世ヨーロッパの歴史を感じることが出来ます。

ゴシック建築の美しシエナ大聖堂、内装も他の都市とはまた大きく違った魅力・迫力があります。

中心部のカンポ広場では今でも伝統の競争馬大会が開催されており、旅行とタイミングが合えばぜひ足を運びたいイベントの一つです。

フィレンツェからバスまたは電車でアクセス可能です。

ナポリ

イタリア語でVedi Napoli,e poi muori

日本語では「ナポリを見て死ね」と言うセリフを聞いたことがありますか?

ナポリの美しい景色を見ずに死んでしまっては勿体ないという意味のことわざです。

海岸沿いに立つお城とそこから見る景色は息を飲むほど美しいです。

また、世界中で愛されているイタリア料理のピザはナポリの発祥!

ここでマルゲリータを食べるともう他のピザは食べられなくなるかも!?

日本からの直行便はないので乗り換えが必要になります。

空港からはバスで市街まで行くことができ、市内はバス・メトロ・電車があります。

シチリア島

イタリア人からも愛され旅行シーズンは観光客で賑わいます。

南イタリアに位置し、飛行機又はフェリーでアクセス。

真っ青な海と白い砂浜、まさにパラダイスです。

主要都市のパレルモから世界遺産のアグリジェント、

最も美しい大聖堂の一つモンレアーレ大聖堂にもアクセスできます。

島自体は大きいの一週間はゆっくり滞在したい所ですね。

アルベロベッロ

まだあまり知られていませんが、南イタリアのプーリャ州にあります。

トゥルッリと呼ばれるとんがり屋根で真っ白なお家が並び、そこはまるでおとぎ話の世界!

この景観も1996年世界遺産に登録されています。

国内線か鉄道で近くの大きい都市バーリへ向かい、そこから電車を乗り換えアルベロベッロに向かいます。

イタリアのおすすめスポットを満喫するには季節が重要

イタリアのおすすめスポットを最大限満喫するためには、季節選びが重要ですよね!

ここでは、イタリア旅行に行く前に、各季節の特徴について少し説明したいと思います。

① 春・秋

観光はオフシーズンのため旅行客は少ないです。

宿や航空券も安く購入できることが多いでしょう。

イタリア観光は外を歩きまわることが多いので、この時期は暑すぎずおすすめです。

4月のイースター時期はイタリア人も旅行に行くため、ピーク時期と同じくらいどこも人で溢れます。

宿や美術館の予約はお早めに!

南イタリアでビーチにいくことを考えていらっしゃる方、月によってはまだ少し寒いかもしれません。

6月末になると十分な暑さでまだピーク時期の前なので快適な旅が出来ますよ。

② 夏

イタリアの夏はとても活気があります!

食事は外で、そしてジェラートがとってもおいしく感じる時期ですね。

ビーチにいくならやっぱり夏です。

8月はイタリア人皆さん夏休みと取り特に南イタリアは混雑します。

早めの予約を心がけましょう。観光地の入場も並ぶことが多いです。

暑さ対策は万全にしていって下さい。

観光地以外のお店は閉まっていることが多いです。

③ 冬

北イタリアにいくとアルプスの有名な山々でウィンタースポーツが楽しめます!

オフシーズンになるので比較的旅費も安く収まります。

クリスマス時期になると、イルミネーションで街が装飾されとても綺麗でロマンティックです。

イタリアおすすめスポットまとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、イタリア旅行の人気都市を紹介しました。

もちろん、ここに紹介しきれない都市は他にも沢山あります。

どこに行こうか考えるだけでわくわくしてきますね!

皆様の旅行が楽しいものになるよう心から願っています!