GoPro

GoProとiPhoneを徹底的に比較!写真、動画に違いはある?

GoProとiphone画質、画角の違いに注目!

GoProもiphoneも画像の綺麗さを表す画素数は1200画素と、

画質の綺麗さは同じです。

しかし撮影できる範囲である画角は、大きく違います。

画角は焦点距離が短いほど、

広い範囲を撮影することが可能ですが、

GoProの焦点距離は15mm、

iphoneの焦点距離は29mmと、

GoProのほうが広範囲を撮影できます。

 

コンパクトで軽く、気軽に撮影ができるという共通の特徴があるGoProとiphoneですが、

撮影できる画角には違いがあることに注目してください。

(画角についての詳細は下記「2-1、GoProの広角の視野」を参照してください)

GoProの性能、iphoneの性能

GoProもiphoneも720P~4Kでの撮影ができますが、

GoProは2.7Kでの撮影も可能。

(iphoneは2.7K撮影の機能はありません)

毎秒に撮影するフレーム数であるFPSもGoProのほうが高く、

動いている被写体の動きをシャープに滑らかに撮影することができます。

動きのあるものを撮影する場合は、

アクションカメラのGoProがおすすめです。

動画の滑らかさはGoProがおすすめですが、

GoProはマイクのジャックがないため、

外付けマイクをつけられません。

一方、iphoneは外付けマイクをつけることができるため、

音を綺麗に拾いたいならiphoneの方がおすすめです。

サイズの違い 

GoPro:23.7×13.2×7.5cm

iphoneXS:143.6×70.9×7.7mm

iphoneと比較してみるとGoProのほうが圧倒的にコンパクト。

写真はもちろん、

長時間の動画を撮影するときは軽くてコンパクトな方が疲れにくいです。

大きさのあるiphoneのほうが持ちやすいかもしれませんが、

GoProはアクセサリーを使えば持ちやすく、

固定して両手をあけることもできます。

この記事をご覧になっている人は、

じっと構えて撮影するというよりはスポーツやアウトドアなど、

動きがある中での撮影を考えているのではないでしょうか?

アクティブなシーンを撮影するならGoProです。

アクティブな撮影にGoProがおすすめな理由をご紹介していきます。

GoProで広く鮮やかに撮る!

GoProは写真も動画も広角撮影に対応しています。

iphoneは写真の広角撮影はできますが、動画は対応していません。

広角撮影は風景をより立体的に撮影することができ、

風景を広く、鮮やかに撮影することが可能。

防水性能も高いので、マリンスポーツやウィンタースポーツにも使えます。

GoProの広角の視野

GoProの焦点距離は15mm、iphoneの焦点距離は29mmになっています。

焦点距離が短いほどより広い範囲の撮影が可能なので、

GoProのほうがより広角、広い画角での撮影が可能です。

iphoneの広角撮影はGoProと比較しても、

広い範囲を写せても立体感はひかえめ。

GoProのほうが迫力のある広角撮影ができます。

水中撮影 

GoProは10m防水なので、そのままでも水中撮影が可能。

専用のアクセサリーをつかえば、10m以上の深さでの撮影もできます。

一方iphoneは2m防水のため、水中撮影はできないと思ってください。

少し水がかかっただけで故障した、という話もありますので、

iphoneは水には弱いと考えておきましょう。 

マリンスポーツやダイビングなど、

水中での撮影をする場合はGoProを使用するようにしましょう。

 

超強力になった手ブレ補正機能 

iphoneにも光学式の手ぶれ補正が搭載されていますが、

GoProの手ぶれ補正の方が圧倒的。

GoProは電子式の手ぶれ補正を搭載しているのですが、

電子式は撮影範囲を中心に、

外側のブレを削除することで、

綺麗で滑らかな映像の撮影を可能としています。

GoProは広角の撮影が得意なカメラで、

広い範囲の撮影すると外側のブレが出やすいのですが、

この手ぶれ補正のおかげて動きの激しい撮影でも、

ブレを少なくすることができます。

これまではGoProには必須とまで言われていた、

ジンバルやスタビライザーなどの、

手ブレを軽減してくれるアクセサリーが必要ないほど、

高性能な手ぶれ補正が搭載されています。

まとめ 

以上、GoProとiphoneのカメラの違いについてご紹介してきました。

ここまでのポイントをまとめると、

ポイント

音質を重視するならiphone

GoProはiphoneよりも広角の撮影に強い

水中撮影はGoPro

手ぶれ補正はGoPro

このようになります。

iphoneのカメラも年々高性能になっていますが、

アクティブな場面での撮影ではどうしても一歩劣ります。

子供やスポーツなど、動きのある被写体を綺麗に撮影したいのであれば、

GoProを使うのがおすすめ。

可能であれば両方のカメラを撮影シーンに応じて、

使い分けてみてはどうでしょうか?