アメリカ

カリフォルニアディズニーの攻略法を徹底解説!

カリフォルニアディズニーはカリフォルニア州アナハイムに位置する、

アメリカでも人気の観光スポットです。

東京ディズニーとは違ったアトラクションやショーなどが楽しめます。

せっかくの海外旅行、無駄なく楽しむために事前に攻略法を確認しておきましょう。

この記事ではカリフォルニアディズニーの攻略方法を解説します。

カリフォルニアディズニーとは?

カリフォルニアディズニーは以下の2つのパークから成り立っています。

①ディズニーランド(カリフォルニア州アナハイム)

カリフォルニアのディズニーランドは1955年に開園した、世界初のディズニーパークです。

また、ウォルト・ディズニー本人が唯一手がけたパークでもあります。

スペースマウンテンやスプラッシュマウンテンといった、東京ディズニーランドでもおなじみのアトラクションが多いので、比べてみるのも楽しいかもしれません。

「眠れぬ森の美女」のお城がランドマーク。

②ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー

2001年にオープンしたパークです。

ディズニーランドとは違ってアルコールも提供されており、大人でも存分に楽しむことができます。

ミッキーの顔がついた観覧車がランドマーク。

そして、2つのパークの間にはパークチケットがなくてもショッピングや食事が楽しめる「ダウンタウン・ディズニー」があります。

ここではアクセス方法やチケットの料金などを説明していきます。

→カリフォルニアディズニー公式HP(日本語版)

アクセス

カリフォルニアディズニーはアメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムに位置しています(→地図

最寄りのロサンゼルス空港からは車で約1時間程。

●ロサンゼルス空港→カリフォルニアディズニーのオススメアクセス方法

①SuperShuttle

乗合シャトルです。

インターネットから事前に予約が可能で、料金も往復で50ドル以下と安いのでオススメです。

SuperShuttleの予約はこちら

②UBER

予約がなくても簡単に乗車でき、乗合シャトルとは違って待ち時間もありません。

アプリで乗車地点と降車地点を入力するだけで、最寄りの車両が迎えに来てくれます。

英語で目的地を説明する必要もないし、料金も事前にわかっているので安心です。

料金は片道50ドル~。

ただし、時間帯によって金額が大きく変動するので注意しましょう。

→Uberアプリをダウンロード

入園チケット

カリフォルニアディズニーのチケットは閑散期と繁忙期で値段が違います。

バリュー(閑散期)、レギュラー(通常)、ピーク(繁忙期)の順で値段が上がっていきます。

また、1日だけカリフォルニアディズニーに入場できる1デーチケットと、2デー以上のチケットでは1日あたりの値段が異なります。

2019年10月現在、1デーチケットの値段は104ドル(約11,400円)~。

予定している日のチケットの値段は公式ホームページから確認できます。

→カリフォルニアディズニー公式HP(英語版)

2つのパークを楽しむためには、最低でも2日は必要です。

目当てのショーなどを効率よく観たい場合は、同日中に2つのパークを行き来できる「パークホッパー」をオプションで付けましょう。

チケットは当日チケットブースで購入することもできますが、時間のロスになります。

事前に公式HPか公式アプリから購入しておきましょう。

ファストパス

ファストパスは東京ディズニーラントと同じように、チケットをファストパス発券機に読み取らせることで発券できます。

ファストパス発券所は各アトラクションの入り口付近にあります。

人気のアトラクションのファストパスは午前中にはなくなってしまう事もあるので、

あらかじめ絶対に乗りたいアトラクションを決めておきましょう。

また、カリフォルニアディズニーでは2017年7月から

「Disney MaxPass(ディズニーマックスパス)」

という、アプリでファストパスが予約できるサービスが開始されました。

値段は1日10ドル(約1,100円)。

マックスパスを使用すると、アプリでファストパスが予約できるので、ファストパス発券所まで行く必要がありません。

ただし、マックスパスを購入したからと言って、

必ず希望のアトラクションのファストパスが取れたり優遇されたりする訳ではないので注意が必要です。

「ファストパスを発見するために園内を走り回る必要がなくなる」というのがメリットです。

アプリをダウンロード

カリフォルニアディズニーを攻略するには、公式アプリのダウンロードがオススメです。

・チケット/マックスパスを購入できる

・各アトラクションの位置や待ち時間を確認できる

・レストランやショー、グリーティングの場所や時間を確認できる

ただし、公式アプリをダウンロードするにはちょっとした工夫が必要です。

日本の通常アカウントからはカリフォルニアディズニーの公式アプリはダウンロードできないんです。

したがって、例えばiPhoneの場合は以下の手順でApple IDの設定を変更すると公式アプリがダウンロードできます。

「設定」→「iTunes StoreとApp Store」→「Apple ID」→「Apple IDを表示」→「国または地域名」→「国または地域名を変更」→「アメリカ合衆国を選択」→「同意する」→「None」→「住所を入力し、次へ」→完了

公式アプリのダウンロードが完了したら忘れずに設定を元に戻しましょう。

→カリフォルニアディズニー公式アプリをダウンロード

オススメのアトラクション

アドベンチャーではオリジナルのアトラクションが多く、ディズニーランドでは東京ディズニーでもおなじみのアトラクションが多いです。

ここでは、カリフォルニアディズニーのオススメのアトラクションを紹介していきます。

ラジエーター・スプリングス・レーサー(アドベンチャー)

参照:Disneyland HP

「カーズ」をモチーフにしたアトラクションで、オープンカーに乗り込みカーズの世界をドライブできます。

そして、アトラクションの最後にはカーブやアップダウンの激しい道を時速65キロで走り抜けるレースが開催されます。

アトラクションが終わった後は、レース相手と声を掛け合う姿も。

ラジエーター・スプリングス・レーサーはアドベンチャー内で1番人気のアトラクション、ファストパスを駆使して早めに乗るのがオススメです。

ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド(アドベンチャー)

参照:Disneyland HP

2019年、東京ディズニーシーにもオープンした「ソアリン」、カリフォルニアディズニーでも大人気のアトラクションです。

ソアリンは世界中をハングライダーに乗って飛行できる、フライトシュミレーション型のアトラクション。

東京を含めて世界中に4箇所ある「ソアリン」、それぞれラストシーンがオリジナルになっているので比べてみるのも面白いかもしれません。

カリフォルニアのソアリンは東京ほど待ち時間が長くないのも魅力的。

ファストパス対象アトラクションです。

2-3.インクレディコースター(アドベンチャー)

参照:Disneyland HP

「Mr.インクレディブル」をモチーフにしたジェットコースターです。

シートベルトを締め、カウントダウンからの急発車、急上昇、急降下、急旋回。

絶叫マシーン好きにはたまらない、カリフォルニアディズニーで最も迫力のあるコースターです。

ファストパス対象アトラクション。

ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン(ランド)

参照:Disneyland HP

スターウォーズのミレニアム・ファルコン号に乗ってミッションをコンプリートするアトラクション。

ゲストそれぞれがパイロット、ガンナー(射手)、エンジニア(機関士)の役割を与えられ、外の景色も操縦によって次々と変化していきます。

自分で選ぶことはできませんが、オススメの役割はパイロットかガンナー。

何度乗っても楽しめるアトラクションです。

スペース・マウンテン(ランド)

参照:Disneyland HP

東京ディズニーランドでも人気のスペース・マウンテン、カリフォルニアディズニーでも大人気のアトラクションです。

ファストパス対象。

ハロウィーンなど、特別イベントに合わせて内容が変わるのも見どころです。

イッツ・ア・スモールワールド(ランド)

参照:Disneyland HP

東京ディズニーランドでもおなじみの「イッツ・ア・スモールワールド」。

カリフォルニアディズニーでも人気のアトラクションです。

世界中の子供達がそれぞれの母国語で「小さな世界」を歌う中、ディズニーのキャラクター達も紛れ込んでいます。

ファストパス対象。

アメリカへのひとり旅におすすめの都市と注意点まとめこの記事では、アメリカでのひとり旅のおすすめの都市や注意点を紹介します。アメリカには世界を代表する大都市から、大自然までおすすめの見どころがたくさんあります。誰でも一度は憧れるひとり旅、アメリカを訪れてはいかがでしょうか?...

カルフォルニアディズニーのお土産

ここではカリフォルニアディズニーでオススメのお土産を紹介していきます。

マグカップ

カリフォルニアディズニー限定のマグカップ・タンブラーはここでしか購入できないのでオススメです。

特にアメリカの各都市で限定販売されているスターバックスのマグカップ、カリフォルニアディズニー限定商品もあるんです。

日本に持ち帰る際は割れないように注意してくださいね。

Tシャツ

参照:Disneyland HP

カリフォルニアディズニーのオリジナルTシャツは購入したらすぐに着て、そのままディズニーを楽しめるのでオススメです。

家族みんなでお揃いを着たり、プレゼント用に日本に持ち帰っても喜ばれます。

お菓子

twitterリンク:https://twitter.com/DisneylandToday/status/510895954472751104

お友達に配りやすいお菓子はお土産としてオススメです。

ただし、日本のお菓子のように小分けにされたものは少ないです。

キャンディーであれば1つ1つが小さいので配りやすいですね。

ハロウィーンなどのイベント期間限定のお菓子もかわいいのでオススメです。

カルフォルニアディズニーのおすすめホテル

カリフォルニアディズニーに行ったらやはり泊まってみたいのが直営ホテル。

カリフォルニアディズニーには以下の3つの直営ホテルがあります。

①ディズニーランド・ホテル

②ディズニー・グランド・カリフォルニアン・ホテル&スパ

③ディズニー・パラダイス・ピア・ホテル

お値段は1室3万円程度~とお高めですが、最高のおもてなしとディズニーの世界を楽しめます。

直営ホテルに宿泊すると、「エキストラ・マジック・アワー」という1時間早くパークに入場できる特典があるのも嬉しいポイントです。

また、カリフォルニアディズニー周辺にはお手頃価格のホテルがたくさんあります。

民泊サービスのAirbnbを利用するのもオススメ。

アメリカらしい一軒家を貸し切ったり、共有スペースのある家で他のゲストと交流したり、アメリカの文化を感じることができます。

→Airbnbホームページ

カルフォルニアディズニーでの注意事項

ここではカリフォルニアディズニーでの注意事項を説明していきます。

チップについて

カリフォルニアディズニーのレストランで食事をする場合、15~20%のチップが必要となるので注意しましょう。

クレジットカードを利用する場合は、領収書が2枚戻ってくるので、そのうち1枚にチップ金額を記入すればOK。

ただし、テイクアウトのお店(カウンターで料理を受け取り、自分で食器を片付けるタイプのお店も含む)ではチップを支払う必要はありません。

気候について

アナハイムは常夏のようなイメージを持っている人が多いかもしれませんが、意外と真夏日と言うほど気温は高くありません。

特に朝晩は夏場でも冷え込むことが多いので、羽織ものを持っていきましょう。

サイン帳を持ち歩こう

アメリカのディズニーでは園内でキャラクターに会った際、写真撮影と共に各キャラクターからサインをもらうのが一般的です。

パーク内でサイン帳とペンを売っているので、早めにゲットしておきましょう。

持ち込み禁止物に注意

カリフォルニアディズニーではパーク入り口にセキュリティチェックがあります。

日本のセキュリティチェックより厳しいので、持ち込み禁止物を持たないよう注意しましょう。

以下のものは持ち込み禁止です。

・ガラス/缶

・キャリーバッグ

・アルコール

・自撮り棒

・92cm x 132cmを超えるベビーカー

万が一これらを持っていると、一旦ホテルに預けに帰るか、その場で捨てなくてはいけません。

時間のロスになってしまうので十分注意してくださいね。

【知らなきゃ損】アメリカ旅行にかかる費用はいくら?憧れのアメリカ旅行。 NY、ロサンゼルス、ラスベガス、ディズニーランド・・・魅力的な都市や観光スポットがたくさんあり、どこも一度は訪れてみたいですよね。でも、海外旅行に慣れていない人は不安も多く、特に費用について気になる人は多いと思います。この記事ではアメリカ旅行にかかる費用について説明していきます。...

カルフォルニアディズニーまとめ

いかがだったでしょうか?

この記事ではカリフォルニアディズニーの攻略法を解説しました。

オススメのアトラクションやお土産、アクセス方法や宿泊する場所など、

是非参考にしてみてくださいね!