カメラ

ここが進化した!iphone11のタピオカレンズ!?をわかりやすく解説!

今年9月上旬にAppleより発表された新型iPhone11

特にApple好きの方は待ちわびていたことと思います。

iPhone11シリーズではトリプルカメラが導入され、

タピオカレンズ」とビジュアル面を取り上げられることも多々。

しかし、iPhone11はしっかりと性能面でも進化を遂げています。

今回は,

タピオカレンズでおなじみ、

iPhone11のカメラ性能についてご紹介していきます。

進化したカメラ機能

超広角レンズ搭載

従来のiPhoneは広角レンズのみ搭載されており、

思ったように写真の範囲を定めることができませんでした。

しかし、

今回のiPhone11では超広角レンズが搭載され、

より広い景色をカメラにおさめることができるようになりました。

広い海や絶景の町並み撮影する時、

これまでのiPhoneに比べ,

広い範囲を撮影できるので、

臨場感たっぷりの写真を撮影することができますよ!

これまでとは一味も二味も違った、

おしゃれな写真を撮影してみましょう。

ナイトモードが秀逸

ナイトモードを使用すれば、

手軽に暗い場所でも綺麗な写真を撮ることができるようになりました。

iPhoneといえば、

暗い場所や夜景の撮影に弱いと言われてきました

他のAndroidスマホには夜景撮影に特化した機種もあり、

太刀打ちできず。

しかしiPhone11ならば、

綺麗な夜景を撮影することが可能なんです。

ナイトモードでは数秒間で何枚かの写真を撮影し、

その写真を利用し明るく綺麗に写った写真を合成し作成します。

しかもナイトモードは手動で切り替える必要がなく、

iPhoneが自動で探知してくれるので、

ここぞという瞬間を逃すこともありません。

三脚を使用すればこれまでできなかった、

星空や花火の撮影も可能になるので嬉しいですね。

インカメラで画角が調整できる

インカメラで画角が調整できるようになり、

画面におさまる範囲を広く選択できるようになりました。

友達と自撮りで写真を撮る時、

思うように全員入りきらなかったり、

背景をうまく入れることができなかった、

なんて経験ありませんか?

iPhone11なら自撮り棒なしでも集合写真を撮ることができるんです。

写真撮影中の画面に出てくる矢印マークをタップするだけなので、

とても簡単です。

また、インカメラでスローモーション撮影をすることができるので、

撮影の幅が広がりますね。様々な表情を作ったり、

動作をしてみてください。

ポートレートモードが進化

ポートレートモードとは、被写体の背景をぼかして撮影できるモード。

人物やペット、スイーツなど目立たせたい被写体を、

より魅力的に撮影することができます。

iPhone11では、

これまでのiPhoneよりも,

もっと近くでポートレートを撮影できるようになりました。

また、撮影した写真の背景を白色にし、

まるでスタジオで撮影したかのような写真を撮ることができます。

4K動画が撮影できる

4K動画の撮影でよりハイクオリティな動画撮影ができます。

またデフォルトカメラアプリでトリミングや、

フィルターで色調変更ができるのも嬉しいポイント。

他のアプリを使わずとも、撮影してすぐに思い通りに編集することができます。

最近は、YouTubeやSNSに動画をアップする人も増えてきたので、

iPhone11で手軽に綺麗な動画撮影をしてみてください。

写真と動画を瞬時に切り替えできる機能も追加されたので、

いつでもどこでも写真・動画撮影が楽しめそうです!

iPhone11とPro・MAXの違いは?

タピオカレンズと話題なのが、

iPhone11Pro/Pro MAXに該当します。

11との一番の違いは「望遠レンズ」がついていることです。

通常、カメラでズームをして撮影をすると画質がとても悪くなりますよね?

しかし、望遠レンズなら、

遠くの被写体をズームにしても,

綺麗な画質のまま撮影することができるんです!

近づくことのできない遠い場所からの撮影やペットの撮影にも最適です。

望遠機能を満喫したい方はProの購入がおすすめです。

より高画質で大きな画面で撮影したい方は、

ProMAXの購入をおすすめします。

カメラ性能以外に進化したポイント

カラーバリエーション

前機種iPhone XRでは、

ブルーやレッドなど鮮やかな全6色のカラーバリエーションが展開されていました。

今回のiPhone11では、

ホワイト/ブラック/イエロー/(PRODUCT) RED/グリーン/パープル」

の全6色展開となっています。

今回新たに「グリーン/パープル」が追加され、

可愛いらしいパステルカラーで女性人気も高そうです。

Pro/MAXは、従来の

「シルバー/スペースグレイ/ゴールド」に加え、

「ミッドナイトグリーン」

が追加されました。

メカっぽくてかっこいい色合いです。

さらにカラーバリエーションが豊富になり、

ケースをつけなくても持っているだけで、

可愛いアイテムとなりそうです。

防水水深が2倍に

iPhoneXでは「最大水深1メートルで最大30分」だったものに対し、

iPhone11では「最大水深2メートルで最大30分」

防水効果が2となりました。

ビーチなど水辺でも大活躍なiPhoneにとっては嬉しい機能です。

ただ、防水といっても防水ケースに入れて使用するなどした方が安心です。

10万円を切った価格帯

iPhone11は、

iPhoneXやiPhone8に比べて金額が抑えられています。

安ければ安いほど私達消費者は嬉しいもの。

スマホといえば、

性能が高くなるに連れ年々値上がりをしているイメージでした。

そのイメージを覆したiPhone11。

とは言えとても安い金額ではないので、

すぐに手が出るものではないですが、

機種変更の判断材料にはなりそうですね。

4、まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、Appleの新型iPhone・iPhone11について説明してきました!

従来のiPhoneに比べ、カメラ性能が劇的に進化しています。

カメラを持ち歩くのは面倒だけど、

iPhoneひとつじゃ不安だと思っていた方も、

iPhoneひとつで旅に出ることができるかもしれませんよ。

様々な機能が追加され、ますます写真撮影が楽しくなったiPhone。

カメラ性能は、

いつか一眼レフを超える日が来るかもしれません。