GoPro

【最新2019】GoPro8とiphone11のカメラ性能を徹底比較!

2019年秋に発売されたGoPro8iPhone11

アクション場面で大活躍のGoProに、通話やネットの利用のみならずカメラ撮影もできる優秀なiPhone。

性能や活躍シーンが異なる2機種ですが、今回は、それぞれどんな部分が優れているのかご紹介していきます。

iphone11のカメラ性能が大幅にUP!?

デュアルカメラ搭載で超広角レンズが搭載されたiPhone11。

同シリーズには、さらに高機能なiPhone11 Pro/Pro Maxが「タピオカレンズ」と話題を呼んでいます。

ここではiPhone11の特徴的な機能をご紹介します。

iphoneの最大進化〜超広角レンズ〜

これまでのiPhoneには広角レンズのみ搭載されておりましたが、iPhone11には13mmの「超広角レンズ」が搭載されました。

これまでの広角レンズより約4倍広い画角での撮影が可能となりました。

超広角レンズの搭載により、より広い画角で風景を収めることができます。

カメラアプリ内で画角を選択するだけで、簡単にダイナミックで臨場感のある動画を撮影することができますよ!

ナイトモード搭載で弱点克服

従来のiPhoneはAndroid機種に比べ、暗い場所での撮影に弱いとされてきました。

しかし、iPhone11では

夜間や暗い場所で撮影してもしっかりと暗い雰囲気を残しつつ、被写体が明るく写るようになりました。

特に設定は不要で自動的に暗所ではナイトモードが適用されます。

暗い場所での撮影が楽しくなりそう。

ポートレートモード

近い距離で人物写真の撮影をキレイに行うことができます。

ポートレートモードでは、被写体の人物をしっかり捉え、背景をぼかします。

一眼レフなど重たいカメラを持たなくても、iPhoneで簡単にポートレート写真が撮れるのはとても嬉しいですね!

GoPro8(ゴープロ8)のカメラ性能

水中撮影やアクションシーンなどの撮影に大人気のGoPro8

GoPro8ではさらに手ブレ補正機能がバージョンアップし、安定してキレイな動画撮影が可能となりました。

ここから、GoPro8を代表する機能をご紹介します。

最強手ブレ補正「Hyper Smooth2.0」

「Hyper Smooth2.0」機能により撮影時の手ブレを大幅に軽減します。

どの解像度でもこの機能を使用することができるので、4K動画など高画質の動画もブレなく撮影することができます。

自転車にGoPro8を装着して撮影をしても、安定感ある動画の撮影が可能です。

倍速の世界へ”Time Warp2.0”

「Time Warp2.0」機能は、撮影した映像を倍速で再生することができます。

例えば、太陽の動きや、街中の人の流れを観測・撮影する場合に有効です。

自動でシーンによって適切な速度を判定されるので、簡単にタイムワープ映像の撮影が可能です。

また、撮影中にモニターをタップすれば自由に速度調整ができるので、オリジナリティー溢れる動画の撮影ができます。

外部モジュラーで可能性が広がる

GoPro8はには外部モジュラーを取り付けることができます。

モジュラーを装着するだけで、本体にはない機能を補填することができます。

現在発売が予定されているものは、ディスプレイやライト、マイクを装着できるモジュラーです。

モニター確認やライティングによって通常撮影のみならず自撮り撮影や動画編集の幅も広がりますよ!

iphoneとGoPro8の性能を比較、検討

GoPro8とiPhone11にはそれぞれ高い性能の機能が搭載されていますが、具体的に比較をしてみましょう。

また、それぞれの特徴を通しておすすめはどちらなのかご紹介します。

GoPro8とiPhone11の機能・性能の違い

・画角

GoPro8

 27mm(狭角)、19mm(リニア)、16mm(広角)、16mm(SuperView)

iPhone11

26mm(広角)、13mm(超広角)

実は、iPhone11の方がより広い広角での撮影が可能です。

・防水性能

GoPro8は水深10mまで、iPhone11は水深2mまでの防水機能が備わっています。

iPhoneはあくまでの最大30分までと、事故的に水に落としてしまった場合の想定です。

水中での撮影はやはりGoPro8が最適です。

・価格

GoPro8は、55,800円(税込)。

iPhone11は、64GBで82,280円(税込)です。

iPhone11の方が高額ですが、カメラだけでなく、電話やネット、多数のアプリの使用ができ万能である点をとれば妥当でしょうか。

・重さ・サイズ

GoPro8

幅63mm・高さ45mm・厚さ33mm・重さ116g

iPhone11

幅75.7mm・高さ150.9mm・厚さ8.3mm・重さ194g

大きさも重さもiPhone11の方が大きいです。

GoPro8はマウントが内臓されているので、別途フレームをつける必要がなく、さらに軽量で気軽に撮影を楽しめます。

動画・写真を撮影するだけなら、やはりGoProに軍杯が上がります。

自分にあったスタイルで決めよう

シュノーケリングやサーフィンなど、水中での撮影をするならGoProをおすすめします。

また、GoProなら、サイクリングやでこぼこ山道でのバイク撮影も可能です。

アクションシーンやアクティブに動きながらの撮影にGoPro8はやはり最適です。

カメラ撮影を気構えずに、日常使いで気軽に動画・静止画の撮影がしたい人にはiPhoneがおすすめです。

iPhone1台持って出かければ、動画・静止画撮影はもちろん、アプリの使用やネットの検索など万能に済ますことができます。

それぞれの特徴を理解して、色々なシーンで最適なアイテムを使いましょう!

GoPro8とiphone11の比較まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、GoPro8とiPhone11のカメラ性能やスペックなどについて比較しました。

どちらも新機種が出るにつれて、どんどんと性能がバージョンアップされていきます。

どんな用途でカメラを使用するのか考え、自分にあったものを購入して楽しんでみて下さい!