GoPro

話題のiphone11シリーズのカメラ性能をGoPro8と徹底比較

2019年秋に発売されたiphone11シリーズとGoPro8。

スマートフォンとアクションカメラという、活躍シーンが異なる機種ですが、2つのカメラの性能はどうなのでしょうか?

iphone11シリーズとGoPro8のカメラ性能を解説したうえで、両者を比較していきます。

iphone11のカメラ性能

・1200万画素の解像度

1200万画素という数値は画素数というもので、この数字が高いほど細かな場所まで撮影することができます。

一方、画素数は高ければ高いほど良いというものでは無く、高すぎると写真にノイズが乗ってしまったり、暗いところや明るいところを上手く表現できなくなってしまいます。

その点、1200万画素という画素数はとてもバランスが良く、高い解像感と表現力を両立した数値になっていると言えます。

・新搭載のナイトモード

Iphone11シリーズの目玉機能となっているものがナイトモード

通常、夜間や室内などの暗い場所ではカメラのシャッターを開ける時間を増やし、多くの光を取り込まなければなりません。

しかし、シャッターを長く開けると写真がブレやすくなってしまうため、ブレのない写真を撮影するためにしっかりとカメラを固定する必要がありました。

新搭載のナイトモードでは暗い場所の撮影も手軽に行えることが特徴。

瞬時に複数枚の写真を合成してブレを取り除くことで、明るくて鮮明な写真を撮影することができます。

・隅々まで撮影できる超広角カメラ

Iphone11では、今までのiphoneシリーズの中で初めとなる35mm換算13mmの

超広角カメラを搭載。

今までのカメラよりも4倍広い範囲を写すことができるため、広大な風景や仲間との集合写真も簡単に撮影することが可能。

表現の幅が大きく広がりました。

iphone11pro、iphone11pro MAXのカメラ性能

・iphoneシリーズ史上初のトリプルカメラを搭載

iphone11proのカメラで、最大の特徴はiphoneシリーズ史上初のトリプルカメラです。

焦点距離13mm、26mm、52mmの3つのカメラを搭載しているため、

超広角、広角、望遠の3つをしっかりとカバー。

迫力ある4倍ズームをすることが可能になり、広大な景色から遠くの被写体まで、様々なスタイルの撮影をすることができます。

・全てのレンズで4K60fps撮影が可能

iphone11proの特徴であるトリプルカメラですが、そのもう1つの特徴が高い動画性能。

3つのカメラ全てで4K60fpsでの撮影が可能なため、非常に高いレベルの動画撮影をすることができます。

GoPro8(ゴープロ8)のカメラ性能

・iphone11シリーズと同じ画素数

GoPro8の画素数は静止画、動画共にiphone11シリーズと同じ画素数になっており、静止画は1200万画素、動画も4K60fpsの撮影が可能です。

・「HyperSmooth2.0」機能で強力な手ブレ補正

アクションカメラとして高い評価を得ているGoProシリーズですが、その中でも非常に好評なのが手ブレ補正機能。

最新シリーズであるGoPro8では「HyperSmooth2.0」を用いた強力な手ブレ補正を実現し、ランニングやバイクの走行中でも安定して撮影を行うことができます。

・切り替え可能な画角

GoPro8のレンズには、画角が変更できる「デジタルレンズ」機能を搭載。

4種類の画角を選ぶことができ、16mmの広角から27mmの標準画角まで手軽に画角を変えて撮影をすることができます。

・RAW形式での記録が可能

GoPro8は撮影後の編集でも力を発揮します。

カメラ内での画像処理をほとんど行わず、非常に多くの情報を持ったRAW形式での撮影が可能。

撮影したあとで色味や彩度を変えたかったり、明るく、また暗く撮りすぎてしまった場合でも不自然にならずに写真を編集することが出来ます。

iphone11シリーズVSGoPro8

ここまでiphone11シリーズ3機種とGoPro8のカメラ性能をお伝えしてきました。

ここからはお伝えした性能をもとに、iphone11とGoPro8の差、そしてどちらを選ぶと良いのかを用途に応じて説明していきます。

・画質にあまり差はない

iphoneシリーズとGoPro8の画質ですが、両機種共に1200万画素での静止画撮影、4K60fpsでの動画撮影が可能で、画質の面であまり差はありません。

両機種の中で異なる点があるのは暗所でのカメラ性能で、iphone11ではナイトモードで手軽に写真撮影ができるのに対し、Gopro8ではRAW形式の撮影で細かな調整が可能です。

・汎用性の高いiphoneとアクションシーンに最適なGopro8

iphone11シリーズとGopro8ではカメラとしての特徴が大きく変わります。

iphone11シリーズの、特にiphone11proとiphone11pro MAXでは4倍ズームが可能で、様々な被写体に対応することが出来ます。

一方Gopro8は「HyperSmooth2.0」を用いた非常に強力な手ブレ補正を搭載しており、水中やアクションシーンでもブレの少ない写真撮影が可能です。

様々な場所で写真を撮影したい方はiphone11シリーズを、水中やアクションシーンで撮影をしたい方はGoPro8を選ぶといいでしょう。

まとめ

今回はiphone11シリーズとGopro8の性能解説と比較を行ってきました。

意外にもGoProとiphoneは同レベルカメラ性能であることがわかりました。

しかし、動画性能においてはやはり、GoPro8が手振れ補正の点で非常に優れているため、ゴープロがおすすめです。

防水性能も水深10mまで装備されているため、過酷な環境下でも撮影可能です。

一方、手軽に撮影できるのはやはりiphone11でしょう。

iphone11シリーズとGopro8はそれぞれ別の特徴をもった製品なので、自分の用途を考え、自分にあった製品を選ぶといいでしょう。