GoPro

GoPro8の発売日はいつ?新しくなったGoProを徹底調査!

旅先で自撮りをしたり、水中、バイク走行中の撮影も楽しい大人気アクションカメラ・GoPro

2019年10月に新しいGoPro・「GoPro8」が発売されると発表されました。

これまでにもたくさんの機種を生み出してきたGoPro。

今回新たに発売される機種は、これまでのGoProとどういった違いがあるのか?

詳しくご説明していきます。

GoPro8の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

GoPro8の気になる発売日や価格は?

GoPro8の気になる発売日は、

2019年10月25日(金)と発表されました。

お値段は、55,800円(税込)です。

「GOPRO.COM」で購入すると、送料無料かつ、32GBのSDカードが無料で付いてくるので、お得です!

また、さらに高性能な「GoPro MAX」の同時発売も発表されました。

3つのカメラが内蔵され、360度の映像を撮影することができます。

お値段は、67,100円(税込)です。

GoPro Hero7 Blackとの違いは?

まずは、安定した映像の撮影に役立つ手ぶれ補正の強化。

そして、Time Warp機能も向上したので、さらに楽しい撮影ができるようになりました。

また、パッと見た感じの外観は、HERO7と大きな変化はないように見えますが、実はマウントが内蔵されています。

これまでは、カメラをマウント付きのフレームケースに入れて、持ち歩く必要がありました。

しかし、マウントが内臓された事で、そのフレームケースが必要なくなり、手軽に持ち運べるようになり、ケースに入れる手間もなくなりました。

そして、新たにモジュラーを装着することができ、ライトや高性能なマイクを付けて撮影が可能となります。

今回新たに登場する、モジュラーによって、自撮り向きディスプレイの装着もできるので、自分がどのように映っているのか確認しながら撮れるようになります。

これは、オズモアクションには搭載されていましたが、GoProは未搭載だったため、大きな変更点であると言えます。

ただ、オズモアクションはカメラにディスプレイが内臓されているので、ここはまだオズモアクションに軍配が上がりそうです。

そして、GoPro8では「LiveBurst機能」も初搭載され、シャッターを切る前後1.5秒の静止画も保存されます。

取り逃がしたシーンを選んだり、お気に入りのショットを後から確認できるので、安心してどんどん撮影することができますね。

さらに、これまでのGoProと比べ、レンズの耐久性が2倍となりました。

岩場の多い水中や山道での撮影にも便利なGoPro。

本体金額は決して安いものではないので、傷つきにくく壊れにくい性能はありがたいポイントです。

GoProの価格比較

HERO7は44,800円(税込)HERO8は55,800円(税込)

HERO7と比べて約1万円ほど割高な金額設定となっています。

しかしその分高性能な機能がプラスされているので、納得の金額となることでしょう。

GoPro8の大きさの比較

HERO8のサイズは、GoPro公式InstagramやTwitterでは事前に動画公開されていますが、それを見る限り大きな変更はみられません。

ちなみに、Hero7 Blackのサイズは、

幅63mm、高さ45mm、厚さ33mm、重さ116g

です。

もともと小型のカメラなのでサイズ感が多少変わったとしても、気軽に撮影できると思います。

最強の手ブレ補正機能がさらに強化された

これまでのGoProにも手ブレ補正機能(Hyper Smooth)が搭載されており、かなり手ブレ軽減には対応した撮影ができていました。

しかしHERO8には、さらに強力な手ブレ補正機能(Hyper Smooth2.0)が搭載され、より安定感のある映像の撮影が可能となります。

GoProの弱点だった夜間撮影は強くなったのか?

HERO8には、「ナイトラプスビデオ」機能が搭載され、暗い夜の撮影も楽しめるようになりました。

4K、2.7K、1440p、1080pのサイズで夜間でもタイムラプス機能を撮影できるので、より簡単に映像表現の幅を広げられるようになりました。

GoPro8の防水性能は?

HERO7と同じく水深10mまでの防水対応です。

ハウジングを取り付ければ、さらに水深60mでの水中撮影を行うことができます。

後述するモジュラー自体にも防水性能があるものもあるので、水辺での撮影にも安心感を持つことができます。

本体にマウントが内臓されたGoPro8

HERO7の見た目から一番大きく変化したのが、本体にマウントが内蔵された部分です。

本体下部に折りたたまれたマウントを取り出すだけで使用が可能です。

これまでは、自撮り棒などのアクセサリーを装着するためにフレームを別途装着する必要がありました。

しかしHERO8なら、そのままアクセサリを装着することができるので、コンパクトにGoPro一式を持ち運ぶことができます。

マウントを使わない時は、折りたたんでおけば場所を取ることもありません。

また、フレームをつける必要がないので、SDカードやバッテリーの着脱をそのまま行うことができますよ!

今までこれが結構な手間でした。。

高性能だからこそ、バッテリーの消耗が激しいGoProなので、簡単にバッテリーを交換できるのは嬉しいポイントですね。

GoPro8おすすめ機能紹介

HERO8には他にも様々な機能が搭載されました。

これまでのHERO7にも搭載されていた機能も、さらにバージョンアップしたのでクオリティの高い撮影が可能となります!

手ブレ補正やTime Warpなどの機能の性能がアップしています。

特にGoPro8の目玉となっている機能を詳しくご紹介していきます。

Hyper Smooth2,0

Hyper Smoothとは、撮影する映像のブレを軽減してくれる機能。

HERO7 Blackで初めて導入されました。

これまでは、Hyper Smooth機能があるとはいえ、手ブレを完全になくし撮影することは難しく、ジンバルというカメラを固定してくれるアイテムを使用することもありました。

しかし、HERO8に搭載された「Hyper Smooth2.0」はHyper Smooth機能よりもさらにバージョンアップされ、まるでジンバルを装着しているかのような安定感を感じることができます。

ジンバルを着けずにブレを防ぐことができるので、これまでより手軽に撮影することが可能となりました。

どの解像度でも発揮するHyper Smooth2.0機能。

いつでも安心して安定感のある撮影が可能になりました。

Time Warp2.0

Time Warp機能では、撮影した映像を倍速で再生することのできる機能です。

Time Warp機能を使えば、街中の人の流れや太陽の動きをリアルに表現することができます。

これまでのTime Warp機能は、手動で速度を設定しなければならず、撮影に少しの手間が必要でした。

しかし、HERO8に搭載される「Time Warp2.0」は、カメラの動くスピードやシーン、明るさによって、場面に合った倍速が自動的に設定されます。

また、撮影中に速度を調整することもできるので、シーンによって速度を変えて映像にメリハリをつけることができます。

これまで以上に自由なカメラ撮影が可能となりました。

PCを使用しなくてもGoProだけで、高いクオリティに編集できるようになりました。

誰でも手軽にTime Warp映像を楽しめるので、PCであまり作業したくない方でも安心です。

スーパーフォト、高性能HDR

スーパーフォトとは、

撮影した映像を自動で分析し、シーンに合った適切な画像処理を行ってくれる機能です。

HERO7で初搭載されました。

HERO8ではよりコントラストが引き上げられ、ブレが除去されるようになりました。

よりリアルに近い鮮明な映像を写すことが可能です。

動きの多いアクションシーンでの撮影において活躍が期待できそうですね。

また、高性能HDRの搭載により、暗い場所での撮影でもより自然に明るさが補正された映像の撮影が可能になります。

 

【2019年10月25日発売】 GOPRO アクションカメラ GoPro(ゴープロ) HERO8 Black CHDHX-801-FW [4K対応 /防水][ゴープロ ヒーロー8 ブラック gopro8 CHDHX801FW]

価格:55,880円
(2019/10/18 16:21時点)
感想(0件)

外部モジュラーがGoProをより面白くする

HERO8では、同時に

「メディアモジュラー」「ディスプレイモジュラー」「ライトモジュラー」

という3種類のモジュラーの発売が発表されました。

モジュラーの装着により、さらに楽しい撮影の幅が広がりそうです。

プロの撮影を行う方にとっても利便性の高いアイテムです。

いずれも2019年12月に発売予定となっています。

メディアモジュラー

メディアモジュラーには、高性能のマイクが内蔵されているので、撮影中にノイズとなる雑音を軽減することが可能です。

また、このモジュールには、2つのコールドシューマウントが搭載されているので、さらに本格的なマイクやライトなどを装着することができます。

金額は9,500円。

ディスプレイモジュラー

ディスプレイモジュラーは、レンズ方向に取り付けることのできるディスプレイです。

カメラ映りを確認しながら自撮り撮影が可能なので、よりクオリティの高い自撮り映像がSNSにアップできるようになりそうです。

金額は9,500円。

ライトモジュラー

ライトモジュラーは、カメラに装着することのできるライトの役割を果たします。

ワイドに均一に明かりを照らしてくれるので、クリアな映像を撮影することができます。

水深10mまでの防水機能が施されているので、水中でのライティング撮影も楽しむことができます。

金額は6,100円。

GoPro8まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、GoPro8について金額から機能面までご紹介しました。

これまでGoProを使用してきた方にとっても、そうでない方にとっても魅力的な1台となっているのではないでしょうか?

特に手ブレ補正が強力になり、動きのあるアクション向きカメラとして強みがプラスされました。

スマホや一眼レフでは出せない、GoProならではの味のある映像がたくさん撮影できそうです。

発売日まで間も無くですが、楽しみで待ちきれないですね!

【2019年10月25日発売】 GOPRO アクションカメラ GoPro(ゴープロ) HERO8 Black CHDHX-801-FW [4K対応 /防水][ゴープロ ヒーロー8 ブラック gopro8 CHDHX801FW]

価格:55,880円
(2019/10/18 16:21時点)
感想(0件)